【Playground】圧倒的低価格でSwift/HTML・CSSが学べるプログラミング学習サービス

スポンサーリンク
Playground

Playgroundってどういうプログラミングサービスなの?

特徴を詳しく教えて!

こういったお悩みを解決いたします。

プログラミングを学びたい方にとって、どのプログラミングスクール・講座を選択するかは非常に難しい決断ですよね。

参考書を購入するときですら悩むものなので、スクールなんて尚更です。

決して安くはない金額を支払うわけですから、しっかりと自分に合っているかどうかを見極める必要があります。

当記事では、プログラミングサービス”Playground”について、特徴を分かりやすくまとめています。

筆者である私は、プログラミング歴は4年ほどです。大学・大学院の研究でWebコンテンツを開発してきました。

そんな私が、CodeCampを徹底解剖します。

当記事を読むと

当記事の内容

・Playgroundの基本情報・特徴

・Playgroundカリキュラム・コース一覧

・Playgroundの料金

スポンサーリンク

Playgroundの基本情報・特徴

速く作る」ことに特化したプログラミングサービスになります。

そのため、「知識」よりも「成功体験」に重きを置いています。

いくら知識を入れたとしても、一度は実際に目に見える形でサービスや成果物を作らないと、知識として定着しない、という考えに基づいています。

「基本的な知識を1から学びたい」という方には、Playgroundは向いていません。

他の教材で土台を作り上げ、Playgroundで成功体験を積みましょう。

基本情報は以下の通りです。

期間無期限
形式完全オンライン
入会金3000円(税抜)
月額費500円(税抜)
身に付く技術Swift・HTML・CSS

2021年1月7日に、入会金が49800円 => 3000円となっています。今がチャンスかもしれません。

かなり安いですね。学生でも手が出しやすい金額設定となっています。

しかも7日間の全額返金保証制度があります。

基本的な知識を学んだ&成果物をとにかく作りたい!という方は、お試しでPlaygroundの教材を使用してみるのもアリかと思います。

\ TRY NOW /

サポート機能もついているので安心です。

教材の中で質問でき、現役エンジニア講師が回答してくれます。

スポンサーリンク

カリキュラム・コース一覧

どんな教材で学ぶことができるのか、気になりますよね?

2021年1月現在、2つのコースが用意してあり、152カリキュラム・34課題あります。

カリキュラムはまだまだ追加され続けています。

Swiftコース

Swiftコースでは、Playground社が開発したPGFramework自動処理スクリプト(Magic Box)というツールを使用することで、より早く開発を体験することができます。

HTML・CSSコース

HTML・CSSコースでは、ランディングページ制作に使えるHTMLとCSSのテンプレート(サンプルコード)が公開されています。

料金について

上記でも述べましたが、入会金3000円です。

これでSwiftコース、HTML・CSSコースは受け放題です。

月額費はワンコインの500円!!ここまで低価格のプログラミング学習サービスは他にありません。

ただ冒頭でも注意しましたが、Playgroundは基礎知識を身に付けるものではないので注意してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

SwiftやHTML・CSSの基礎知識が身に付いている方は、Playgroundで開発経験を積みましょう。

カリキュラムや課題が豊富なので、様々な成果物やサービスを作成することができますよ。

7日間の全額返金保証期間があるので、まずはお試しで始めてみましょう。

合わないと思ったら辞めればいいのです。

\ TRY NOW /

コメント

タイトルとURLをコピーしました