【マイナンバーカード】申請方法と交付までにかかる期間は?(実体験)

スポンサーリンク
その他

マイナンバーカードの申請ってどうするの?

手に入るまでどのくらいかかるの?

こういったお悩みを解決いたします。

これから申請する方、実際に手にするまでにどのくらいの期間を要するのか気になりますよね。

私自身(地方都市在住)、先日マイナンバーカードを申請し、無事交付が完了しました。

申請と交付準備完了(はがき到着日)、それぞれ

  • 申請: 2020/10/27
  • 交付準備完了: 2020/11/22

でした。

結論から申し上げますと、かかった期間は”1か月経たないくらい“ですね。

思ったより早くてびっくりしました。

以下では、具体的な申請方法を解説いたします。

スポンサーリンク

マイナンバーカードとは

公式サイトには以下のように書いてあります。

マイナンバーとは行政を効率化し国民の利便性を高め公平公正な社会を実現する社会基盤です。

住民票を有する全ての方に1人1つの番号をお知らせして、行政の効率化、国民の利便性を高める制度です。

https://www.kojinbango-card.go.jp/mynumber/

現在はまだマイナンバーを使用した施策はあまり耳にしませんが、これからあらゆる場面で使用の機会が出てくると思います。

現時点でたびたび耳にするのは、”マイナポイント“ではないでしょうか。

カード取得者は必ず使うべきお得な制度です。

気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

マイナンバーカードについてより詳しく知りたい方は、以下の公式サイトへ。

マイナンバーとは – マイナンバーカード総合サイト
スポンサーリンク

マイナンバーカード申請の流れ

①交付申請書の受け取り

以前、個人番号通知カードと個人番号カード交付申請書が住民票の住所に一緒に郵送されて届いているはずです。

そのときから住所が変わっていないのであれば、それをそのまま使用できます。

もし住所が変更したのであれば、改めて役所で交付申請書を受け取る必要があります

役所にて、交付申請書受け取りの旨をお伝えください。

②交付申請

申請方法には、以下の4つがあります。

  • スマートフォンによる申請
  • PCによる申請
  • まちなか証明写真機による申請
  • 郵便による申請

スマートフォンによる申請(オススメ)

交付申請書に記載されているQRコードを読み込み、専用サイトにアクセスします。

画面の指示のもと、必要事項を入力し、顔写真を添付します。

顔写真は自撮りで大丈夫です

が、マイナンバーカードに載る写真になりますので、きちんとした写真を撮りましょう。

私は寝巻のまま撮ってしまったので少し後悔しています。笑

PCによる申請

基本的にはスマートフォンと変わりません。

顔写真のデータをあらかじめPCに保存しておいてください。

まちなかの証明写真機による申請

タッチパネルから個人番号カード申請を選択し、交付申請書のQRコードをバーコードリーダにかざします。

画面の指示のもと情報を入力し、写真を撮影します。

郵便による申請

交付申請書に情報を記入、顔写真を貼付し、送付用封筒に入れてポストに投函します。

③交付通知書(はがき)の到着

上記4つのいずれかの方法で申請し終えたら、交付通知書の到着を待ちます。

冒頭でもお伝えしましたが、私(地方都市在住)の場合は1か月経たずして到着しました。

国も概ね1か月で届くと明言しています

ただし、これから国としても国民にマイナンバーカードの取得を促すように動くと思うので、のちのちはもう少し時間がかかるようになるかもしれません。

④役所で受け取り

交付通知書が届いたら、役所に受け取りに行きます。

その際、

  • 交付通知書(はがき)
  • 本人確認書類(運転免許証のみでOK)

をお忘れなく。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スマートフォンに慣れている方は、申請は思ったより簡単にできると思います。

1か月はかかるものだと思って、余裕を持って早めに申請しましょう。

マイナンバーカードが実際に届いたら、必ずマイナポイントの申請を行ってください。上限5000円分もらえるのでとてもお得です。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました