【Freeks】何が学べるの?カリキュラム・コースをまとめたよ。

スポンサーリンク
Freeks

Freeksって何が学べるの?

カリキュラムやコースを詳しく教えて!!

こういったお悩みを解決いたします。

プログラミングの学習において、最近話題になっているのがプログラミングスクールではないでしょうか。

ただ、スクールは次々と増えてきています。

・何が学びたいのか

・最終的にどうなりたいのか

・どんな学習形態がいいのか

これらを明確にしておかなければ、数々のスクールから自分に最適のスクールを選ぶことは難しいです。

どのスクールも、差はあれど金額は決して安くはないので、後悔はしたくないですよね。

当記事では、サブスク型プログラミングスクール”Freeks”について

・どういったスクールなのか

・何が学べるのか

これらをまとめてみました。

Freeksに興味がある方はぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

Freeksとは

Freeksとは、サブスク型(月額制)のプログラミングスクールです。

公式サイト

学習形態は基本的に自由。

PCとネット環境さえあれば、いつでもどこでも、自分の好きな時間・場所で学習を進めることができます

ただ、完全に一人というわけではありません。分からないことがあれば直接でもチャットでも、現場経験豊富な現役プログラマーに質問することができます。

用意されているコースは、以下の6つになります。

  • PHPコース
  • Javaコース
  • Pythonコース
  • JavaScriptコース
  • Android Javaコース
  • Kotlinコース

この6つのコースすべて受講可能です。もちろん、自分の目的から外れた言語を学ぶ必要はありませんが、幅広く学べるのはとても魅力的ですね。

学習中にやりたいことが変わったとしても安心です。

カリキュラムは、各言語の基本を網羅する内容となっています。

ですので、実際にアプリを作ったり、サービスを構築したりする実践は少ないように思います。

そこで、カリキュラムとは別に勉強会を開催しています。中でも、”模擬プロジェクト”では、ECサイトやオリジナルHPの作成を行っており、実践を通して様々なスキルが身に付きます。

一通りカリキュラムを終えて、基本を押さえることができたら、積極的に勉強会に参加して実践経験を積みましょう。

月額制なので、学べば学ぶほどお得です。

実践経験はめちゃくちゃ大事です。プログラミングに関しては、いくら座学や読書で知識を取り入れたとしても、実際にコードを書いてみないと分からないことが多いです。分かった気になっているだけで、本質を理解していないことが多々あります。

私は大学でプログラミングを約4年間学んできましたが、実践の大切さは身に染みて感じております。プログラミングは、コードを書きながら分からないことを1つ1つ解決していく方が効果的であり、より深い習得への近道だと考えます。

価格につきましては、

  • 入会金:0円
  • 月額費:9800円

です。圧倒的に安いです。

受講期間も無制限なので、9800円で学び放題です。

興味をお持ちの方は、まずは無料説明会に参加しましょう。

オンラインでも対応しているので、わざわざ足を運ぶ必要もありません。

\ お申し込みはこちら /

スポンサーリンク

Freeksの学習形態

上記と被るところもありますが、PCとネット環境さえあれば、いつでもどこでも学習できます。

6つのコースがあり、カリキュラムは各言語の基本を網羅しています。

基本を学んだあとは、勉強会で実践経験を積みましょう。

Freeksのコース一覧

Freeksが用意している6つのコースについて、公式サイトの情報をもとに

・何が学べるのか

・どのようなサービスが作れるようになるのか

・期待できる平均年収

これらをまとめます。

ぜひ参考にしていただいて、イメージを膨らませていただければと思います。

PHPコース

PHPという言語を中心に、Webシステムの基本からサーバ構築、システムの開発まで行います。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • HTML5(マークアップ言語)
  • CSS3(スタイルシート)
  • PHP(プログラミング言語)
  • Laravel(PHPフレームワーク)
  • mySQL(データベース)
  • Git(分散型バージョン管理システム)

作れるサービス

  • SNSサイト
  • 情報検索サイト
  • 個人ブログ

目指せる職業・平均年収

PHPを習得すると、システムエンジニア・プログラマーを目指せます。

期待できる平均年収は550万円です。

Javaコース

Javaの基礎やWEBシステム開発など、開発現場で使うパッケージについても学んでいきます。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • HTML5
  • CSS3
  • Java(プログラミング言語)
  • spring(フレームワーク)
  • PostgreSQL(データベース)
  • Git

作れるサービス

  • SNSサイト
  • 楽天のような業務システム
  • Androidアプリ

目指せる職業・平均年収

Javaを習得すると、システムエンジニア・アプリエンジニア・プログラマーを目指せます。

期待できる平均年収は575万円です。

Pythonコース

Pythonの基礎から、データ処理、機械学習などを学びます。アルゴリズムの基礎についても理解を深めていきます。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • HTML5
  • CSS3
  • Python(プログラミング言語)
  • TensorFlow(機械学習ソフトウェアライブラリ)
  • Django(Webアプリケーションフレームワーク)
  • SQLite(データベース)

作れるサービス

  • 人工知能開発
  • 自動集計システム
  • Androidなどのオリジナルアプリ

目指せる職業・平均年収

Pythonを習得すると、システムエンジニア・アプリエンジニア・データサイエンティストを目指せます。

期待できる平均年収は600万円です。

JavaScriptコース

JavaScriptの基礎から、WEBサイトに動きをつけたり、ライブラリなども学んでいきます。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • HTML5
  • CSS3
  • JavaScript(プログラミング言語)
  • jQuery(JavaScriptコードを容易に記述するためのライブラリ)
  • Git

作れるサービス

  • 動きがあるWebサイト
  • GoogleMapのようなアプリ
  • オリジナルアプリ

目指せる職業・平均年収

JavaScriptを習得すると、フロントエンドエンジニア・Webデザイナーを目指せます。

期待できる平均年収は555万円です。

AndroidJavaコース

Androidjavaの基礎から、レイアウトなどを学んでいき、アプリ制作をしていきます。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • AndroidJava
  • SQLite
  • Android Studio(Androidアプリを開発するためのツール)
  • Git

作れるサービス

  • Androidのオリジナルアプリ

目指せる職業・平均年収

AndroidJavaを習得すると、システムエンジニア・アプリエンジニア・プログラマーを目指せます。

期待できる平均年収は575万円です。

Kotlinコース

Kotlinの基礎から、レイアウトなどを学んでいき、アプリ制作をしていきます。

身に付くプログラミング言語・スキル

  • Kotlin
  • データベース
  • Android Studio
  • Git

作れるサービス

  • Androidオリジナルアプリ

目指せる職業・平均年収

AndroidJavaを習得すると、システムエンジニア・アプリエンジニア・プログラマーを目指せます。

期待できる平均年収は575万円です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Freeksのコース・カリキュラムの詳細をまとめました。

詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

幅広くプログラミング言語を習得したい方、コストを徹底的に抑えたい方はぜひご検討ください。

まずは無料説明会に申し込んで、気軽に相談してみることをオススメします。

Webで実施できるので、手間はあまりかかりません。

\ お申し込みはこちら /

コメント

タイトルとURLをコピーしました