自炊・洗い物がめんどくさい学生必見!【習慣化するコツ】

スポンサーリンク
生活

自炊がめんどくさくて続かない…

洗い物もやりたくない…

こういったお悩みを解決いたします。

自炊を始めたとしても、全く続かなかった経験ありませんか?

調理はともかく、終わった後の洗い物がまあめんどくさいんですよね。

一週間後には、買って終わりのコンビニ弁当、食べて終わりの外食に結局頼ってしまう。

私も昔はこんな感じでした。

ただ、これだとどうしても出費が多くなってしまいます。

節約すべく、自炊を習慣化するために私が心がけた5つのことをご紹介します。実際に私は1年間、自炊を定着させることができています

結論から申し上げますと、以下の5つになります。

習慣化のコツ

① 一度に食材を5~7日分購入する

② 一度に2日分くらい作る (洗い物の回数も減る)

③ 作る料理をローテーション化する

④ 洗い物と同時に好きなことをする(ない人は見つける)

⑤ 洗い物の環境を整える

自炊が続かないという方は、ぜひ最後までお付き合いください。

筆者について
ちょふお
ちょふお

本記事執筆時点で、大学院修士2年生です。修士1年生から本格的に自炊を始めました。

生活は普通の学生と同じで、学校に行きつつ、バイトに行きつつですね。

スポンサーリンク

私の自炊に対するモチベーション

まずは私の自炊に対するモチベーションについてです。

要は、「どれだけの熱量で自炊してるの?」ってことですね。

ざっとまとめるとこんな感じです。

① とりあえず食べられるならそれでいい

② 凝ったものは作らない

③ 作るのは1品だけ

④ 基本的な味付け。シンプルに美味しいものを作る

⑤ 野菜は必ず摂る

これを見てどう思いましたか?

そう、自炊に対するこだわりは何一つないわけです。

テキトーに作って、テキトーに食べられるならそれでいいんです。

ただ、テキトーといっても、不味いものを食べるわけにはいかないので、基本的な調味料はそろえていますよ。みりん、酒、醤油などなど。特に、顆粒のだしはめちゃくちゃ重宝してます(笑)

あとは、肉だけではなく、野菜もきちんと摂取するようにしています。作るからには栄養も偏りがないようにしたいですからね。

こんな感じのモチベーションで、私は日々自炊しております。

「具体的にどんなことを心がけてんの?」

「自分も似たようなモチベーションだけど、続けられません」

という方は、続きを読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

自炊を習慣化するコツ

さて、「食べられることができればそれでいい」というスタンスで、どうやったら自炊を習慣化することができるのか。

実際に私が心がけてきたことをご紹介しますね。

以下の5つになります。

習慣化のコツ

① 一度に食材を5~7日分購入する

② 一度に2日分くらい作る (洗い物の回数も減る)

③ 作る料理をローテーション化する

④ 洗い物と同時に好きなことをする(ない人は見つける)

⑤ 洗い物の環境を整える

一つずつみていきましょう。

コツ① 一度に食材を5~7日分購入する

自炊を始めると、当然ながら材料の買い出しに行かなくてはいけませんよね。

その頻度を減らすためにも、一度に5~7日分は購入してしまいましょう

買い出しが多くなると、買い出しに行くことが憂鬱になり、だんだんと自炊から離れてしまいます。

私は自炊が定着する前、最長でも3日分しか買い出ししておらず、続かなかった経験があります。

なるべく一度に多めに購入する癖をつけておきましょう。

コツ② 一度に多く作る(洗い物の回数も減る)

1人分を作るのって、意外と難しいと感じたことはありませんか?

ですので、これを逆手にとって一度に2~3日分作る日を設けています

野菜炒めや麻婆豆腐、カレーなどですね。

2~3日分作ることで毎日作る必要がなくなります。よって、定着しやすくなります。

レンチンや加熱のみで済む日ができますからね。

また、作る回数が減るということは、洗い物の回数も減るということです。

地味に嬉しくないですか?

洗い物が大嫌い!という方は多いと思うので、ぜひ試してみてください。

コツ③ 料理をローテーション化する

私は毎回新しい料理に挑戦しているわけではありません。

作る料理を固定して、それをローテーションで回しています

大体15品くらいですかね。鍋、カレー、パスタ、野菜炒め、オムライス、鶏と大根の煮込みなどなど。

どれも簡単にできる料理ばかりです。

幸い私は、味に対する飽きがあまりない方なので問題ありません。

人によっては苦痛かもしれませんが、料理数を増やせば解決できると思います。

コツ④ 洗い物と同時に好きなことをする(ない人は見つける)

これは何気に一番重要である、と私は思っています。

私自身、昔から洗い物が大嫌いで、大学2年生くらいの頃、2日くらい放置してたこともあります。。。今思うと考えられません。

洗い物と同時に好きなことをする

私の場合、洗い物中にゲーム実況をYouTubeで見ています。

洗い物をする時間 = ゲーム実況を見る時間 とすることができ、苦痛を感じることはなくなりました。

もしあなたもYoutubeを見るのが趣味なら、どこかにデバイスを置いて見ながら洗い物をしてみてください。多少苦痛が緩和されますよ。

ただ、途中で広告が入ると厄介です。洗い物中はスキップボタンが押せないですからね。

余談

Amazonが手掛けるタブレット、”Fire HD”シリーズのYouTubeアプリでは動画中の広告が表示されません

上記は先日私自身が購入して発覚したことですが、とても快適です。

読書や動画鑑賞を日常的に行う方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

実際に使用した感想が見たいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

YouTube以外にも、洗い物中にできることはあります。

例えば、最近話題のAmazonが提供するサービス “Audible“。聴く読書 の方が馴染みがあるでしょうか。

今なら1冊無料で聴けるので、気になる方はAudible公式サイトへ。

洗い物中にできるものを長々と述べてきましたが、目か耳でできることなら何でもよいと思います。

「作るのはいいけど、洗い物がめんどくさすぎる!」という方はぜひ試してみてください。

コツ⑤ 洗い物の環境を整える

私が行ったことは2つあります。

1つ目は、ゴム手袋の購入です。

これはすごく個人的な問題ですが、洗剤で手が荒れるんですよね。

ゴム手袋をし始めてからは、手の荒れをまったく気にすることなく、快適です。

2つ目は、2段式水切りラックの購入です。

こんな感じのやつです。

私は2000円程度のものを購入しましたが、1年半くらい全然問題なく使えてます。

オススメですよ。

自炊のメリット

「自炊を続けるとどうなるの?」

私が実際に感じる、自炊のメリットをお伝えします。

① 節約できる

これは言わずもがなですね。

「で、どれくらい節約できてんの?」

ってことで、私が今現在つけている家計簿をお見せします。

なるべく直近のものが良いと思うので、2021年1月1日 ~ 1月17日のものです。

半月で、すべての食事の合計が8800円はなかなかだと思いませんか?(朝は毎日食べているわけではありません)

1か月に換算すると大体17000円程度ですね。

こちらの記事によると、1人暮らしの大学生の平均食費が23000円程度らしいので、6000円の差になります。6000円はけっこう大きいですよね。

一人暮らしの大学生の食費はいくら?平均額と節約のコツも大公開!
大学生の食費は平均でいくら?という疑問にお答えします!一人暮らしの大学生に聞いたアンケートをもとに、自炊の頻度でどのくらい食費が変わるか解説します。また、毎月の食費の実例、自炊派と外食派におすすめの節約方法も紹介します!

② 家事癖がつく

これは将来的に役に立つなと感じています。

自分に家族ができたとき、私は奥さんに家事を丸投げする人にはなりたくないと考えています。

2人で一緒に家事をして過ごしていきたいので、今のうちから家事を行う癖をつけるのは有意義なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では、私の実体験に基づいて、自炊を習慣化するコツを5つご紹介しました。

もちろん、生活習慣は人それぞれなので、万人が継続できるとは限りませんが、少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました