大手3社の新プランを比較!おすすめはどれ?【ahamo, povo, SoftBank on LINE】

スポンサーリンク
プラン比較

大手3社の新プランはどこが違うの?

どこがおすすめか教えて!

こういったお悩みを解決いたします。

2021年1月13日にauが povo という新プランを発表しましたね。

これで大手3社すべての新プランが出そろいました。

どれも従来のプランと比べると低価格ですが、自身に合った内容かしっかりと見極める必要があります。

当記事を読めば、3プランの基本情報と各プランの強みが分かります。

ぜひ参考にしていただければと思います。

当記事の内容

・ahamo, povo, SoftBank on LINE の基本情報

・3プランの比較

・各プランの唯一無二の強み

スポンサーリンク

【ドコモ】ahamoの基本情報

ahamoとは、2020年12月3日にドコモが発表した新プランです。

公式サイトはこちら => ahamo公式サイト

プラン提供開始日は、2021年3月を予定しています。(詳しい日時は決まり次第知らされます)

プランの概要は以下の表になります。

追加オプション(任意)は以下の2つになります。

月額2980円(税抜)で、様々な手数料や割引を極力なくした、とてもシンプルなプランです。

より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

加えて、ahamoに先行エントリーすると、期間・用途が限定されたdポイントが3000ptもらえます。

エントリー期間は、提供開始日前日までです。上述の通り、提供開始日は後日知らされます。

もしahamoをご検討の方は、先行エントリーした方が絶対にお得です。

先行エントリーはこちら

スポンサーリンク

【au】povoの基本情報

povoとは、2021年1月13日にauが発表した新プランです。

公式サイトはこちら => povo公式サイト

プラン提供開始日は、ahamo同様2021年3月を予定しています。(詳しい日時は決まり次第知らされます)

プランの概要は以下の表になります。

月+500円で、5分までの通話が無料になり料金・通話面ともに他プランと同等になります。

povoの最大の特徴は、「トッピング」というシステム。

「ほしいものをほしいときにほしい分だけ」をモットーに、スマホで簡単にオプションのON/OFFを切り替えることができます。

2021年1月現在、発表されているオプションは、

1回200円で24時間データ使い放題

というものです。もちろん、月間の20GBには含まれません

つまり、

今から24時間、データ使いまくるから無制限にしたいな~

なんてときに、スマホでこのオプションをONにすると有効化されるわけです。

Wi-Fiを使えない環境に長時間滞在するときなんかに便利ですね。

【SoftBank】SoftBank on LINEの基本情報

SoftBank on LINEとは、2020年12月22日にSoftBankが発表した新プランです。

公式サイトはこちら => SoftBank on LINE公式サイト

プラン提供開始日は、他2プランと同様2021年3月を予定しています。(詳しい日時は決まり次第知らされます)

プランの概要は以下の表になります。

LINEのデータ使用量が月20GBに含まれないのが最大の特徴です。

追加オプション(任意)は以下の2つになります。ahamoと同様ですね。

3プランの比較

各プランの基本を押さえたところで、本題の比較に入っていきましょう。

以下が比較表になります。

ahamoの強み

追加料金なしで82の国々で利用可能

海外に頻繁に行く方にとって、これは嬉しいです。

手続きや追加料金が不要で、日本にいるときと同じように使えます。

他2プランがahamoより後出しなので、ahamoとの差別化を図ったプランを提示しています。

これを受けて、今後ahamoも強力な策を打ち出す可能性大なので、見逃がせませんね。

povoの強み

料金が500円ほど安い

お分かりの通り、他2プランが2980円なのに対し、povoは2480円と500円安いです。

これは、他プランがデフォルトで組み込んでいる「1回あたり5分以内の通話が無料になる」というのをオプションとして提供しているからです。

このオプションは月500円で提供予定なので、有効にすると結果的に他2プランと同じ2980円になります。

トッピング

必要なオプションを必要なときだけONにできるサービスです。

カスタマイズ性が非常に高まり、より自分に最適なプランに近づけることができるかもしれません。

上記と少し内容が被りますが、2021年1月現在、発表されているトッピングは以下の2つです。

・月500円 1回あたり5分以内の通話が無料

・1回200円 24時間でデータ使い放題

今後も続々と増えることが予想されるので、よりカスタマイズの幅が広がります。

追加されるオプション次第では、万人に最適なプラン化ける可能性を秘めています。

SoftBank on LINEの強み

LINE使用は無制限【20GBを圧迫しない】

トークはもちろん、通話も含まれます。

外で何時間LINEで通話しようが、月の20GBには影響しません。

LINEは今や誰もが使う強力なコミュニケーションツールですので、これが使い放題なのは魅力的です。

まずは、自身が月にどれだけLINEを使っているのか、本体設定から確認してみましょう。

おすすめはどのプラン?

この3プランで悩んでいる方は、以下が基準になるかと思います。

・海外に日常的に行く方 => ahamo

・「5分間通話無料」が不要な方 => povo

・LINEを頻繁に使用する方 => SoftBank on LINE

もちろん、今現在どこのキャリアを使用しているのか、今後プラン内容がどう変わるかによって、上記の基準は変わってきます。

追加情報があり次第、当記事も随時アップデートしていきます。

ちなみに、私は現在docomoと契約していますが、ahamoとpovoで迷っています。

ほぼLINEでしか通話しないので、5分間通話無料は不要と感じています。

ただ、やはり気持ち的にはdocomoが良いので、今後のahamoの追加情報に期待です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

各社の基本情報を押さえ、3社の比較・各社の強みをお伝えしました。

今後もまだまだ追加情報や変更は来るはずなので、こまめに情報をチェックするようにしましょう。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました