【ドコモおすすめ新プラン】ahamo(アハモ)はこんな人に向いている!デメリット・注意点を含めわかりやすく解説!

スポンサーリンク
ahamo
ahamoに興味がある人
ahamoに興味がある人

話題のahamoって結局どんなプランなの?

詳しく教えて!!

こういったお悩みを解決いたします。

2020年12月に、ドコモが新プランを発表しましたね。

一時期話題になったahamoというプランですが、2980円という低価格だけが目立って、中身を詳しく知らない方も多いのではないのでしょうか。

価格が安いことはとても魅力的ですが、自分に合った内容かどうか、しっかり見極める必要があります。

当記事を読むと、デメリット・注意点含めahamoの全貌がはっきりと理解できます

ぜひ参考にしてみてください。

当記事の内容

・ahamoのプラン内容

・ahamoのメリット・デメリット

・どういった人にオススメなのか

スポンサーリンク

ahamo(アハモ)とは?

ahamoとは、2020年12月3日にドコモが発表した新プランです。主なターゲットは、デジタルネイティブ世代の若者としています。

公式サイトはこちら => ahamo公式サイト

プラン提供開始日は、2021年3月を予定しています。(詳しい日時は決まり次第知らされます)

プランの概要は、以下の表になります。

追加オプション(任意)は以下の2つになります。

月額2980円(税抜)で、様々な手数料や割引を極力なくした、とてもシンプルなプランです。

データ20GBは、追加料金なしで82の国々でも利用できます

申し込みはオンラインのみになります。店頭での受付は行わないなので注意してください。

また、ahamoではキャリアメールが使えなくなります。キャリアメールとは、”@docomo.ne.jp”が末尾に付くメールアドレスのことです。

ahamoのターゲットであるデジタルネイティブ世代の若者は、そもそもあまりメールを使用しません。LINEさえあれば大体のコミュニケーションはとれます。

メールを使用するにしても、大半はグーグルやヤフーのサービスを使用していることと思います。

以上のことから、キャリアメールの需要は極めて少ないと判断されたのでしょう。

加えて、ahamoに先行エントリーすると、期間・用途が限定されたdポイントが3000ptもらえます。

エントリー期間は、提供開始日前日までです。上述の通り、提供開始日は後日知らされます。

もしahamoをご検討の方は、先行エントリーした方が絶対にお得です。

先行エントリーはこちら

スポンサーリンク

ahamoのメリット(強み)

上記と被るところもあるかと思いますが、メリットをまとめます。

低価格(他社との比較アリ)

ahamoの月額料金は2980円(税抜)です。

直感的に

これで月20GBは安い

という印象を受けますが、実際はどうなのか気になりますよね。

格安SIM(LINEモバイル、楽天モバイル、UQモバイル、Y!モバイル)と比較してみます。

すべてを月20GBのプランで比較することはできないので、各社の代表プランをもとに、1GBあたりの料金で比較することとします。

参考にした公式ページのスクリーンショットを以下に貼っておきます。(順にLINE, 楽天, UQ, Y!)

1GBあたりの料金を比べると、ahamoが最も安いことが分かるかと思います。

楽天モバイルに関しては、エリアによって月間データ容量が異なるので一概には比較できません。

各社の詳しい情報をご覧になりたい方は、以下からサイトに飛ぶことができます。

5分以内の国内通話料がタダ

これはありがたいですね。

家族や友人間の通話はLINEで行う方が多いと思いますが、就活やビジネスなどの場面では通常の電話を用いることもありますよね。

そんなときでも5分以内の通話はタダになるので、安心して通話できます。

ただし、5分を超えた場合は30秒あたり20円かかりますので注意してください。

各種事務手数料がタダ

新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料になります。

要は、契約時の手数料、機種変更時の手数料、のりかえ時の手数料がタダということになります。

これもあらゆる手続きがオンラインであるからこそですね。

追加料金なく82の国々で利用可能

海外によく行かれる方にとっては嬉しい内容です。

特別な契約もいらず、追加料金を支払うことなく、海外で通常の20GBの枠を使用できることができます。

該当の国々はこちらをご確認ください。

該当の国々を見る

追加料金なくテザリング利用可能(使い放題ではない)

テザリングとは、スマホから電波を発し、スマホを起点に他のデバイスにネット環境を提供する機能です。

“テザリングが無料”と書いてあるページが多いのですが、決して使い放題ではありません

あくまでテザリングの機能を無料で使用することができるだけで、テザリングによるネット回線は、通常の利用と同じく月20GBの枠を使用します。

無料 という言葉を誤解して使いすぎないようにしましょう。

ahamoのデメリット

こちらも上記と被るところもあるかと思いますが、デメリットをまとめます。

キャリアメールが使えない

これが最大のデメリットではないでしょうか。

“@docomo.ne.jp”のドメインのメールが使用できなくなります

ですので、ahamoに移行する際は、様々なサービスやサイトに登録しているメールアドレスをキャリアメールからフリーメール(GoogleやYahoo)に変更する必要がありますね。

ただ、フリーメールを日常的に使用している方は、問題はそこまでないように思います。

実店舗による契約やサポート、相談が受けられない

ahamoは完全にオンラインによる対応となっており、契約をはじめ各種手続き・相談などすべてがオンラインのみとなっております。

これもデジタルネイティブ世代を意識した施策だと思いますが、オンラインによるやりとりに慣れていない方にとっては不便となるでしょう。

逆に言えば、ahamoに関するすべてがオンラインで完結するので、店舗に足を運ぶ必要がなくなります

メリットと捉える方もいるのではないのでしょうか。

ahamoはこんな人におすすめ!

当然ですが、メリットによる恩恵を受けられ、デメリットを許容できる人におすすめです。

つまり、

・月 10GB以上20GB未満を使用している人

・コストを抑えたい人

・キャリアメールがなくても困らない人

・オンラインによる手続きに慣れている人

にはおすすめのプランになります。

私は上記の4つすべてに該当しますので、ahamoを前向きに検討します。

というより、ほぼ確実にahamoにします。

月に5GBくらいしか使わない!

コストをさらに、とことん抑えたい!

こういった方は、LINEモバイルの方が合っているかと思います。

特にこのご時世だと家の中にいることが多くて、Wifi環境で過ごすことが多いですからね。

データ容量は少なく、そしてコストを最小限まで抑えるのであれば、LINEモバイルがお得です。

その他情報・注意点

動作確認端末が未発表(2021年1月現在)

2021年1月現在、ahamoでの動作確認端末が未発表です。

主要な端末はおそらく問題ないとは思いますが、古い端末をお使いの場合は、もしかするとahamoに対応できない可能性があります

公式による発表があり次第、ご自身の端末が対応可能となっているのかどうか必ずご確認ください。

(現在ドコモ使用中の方のみ) 2021年5月まではのりかえ手続きが必要

基本的に現在ドコモで契約されている方は、MNP(のりかえ)の手続きはなく、プラン変更手続きのみで簡単にahamoを利用することができます

ですが、2021年5月まではシステムの環境調整に伴い、ドコモ契約者であっても、他社からののりかえと同等の手続きが必要となるそうです。

先行エントリーでdポイント3000ptもらえる

先行エントリーをすることで、期間・用途(現在不明)が限定されたdポイント3000ptがもらえます。

エントリー期間: 提供開始日前日まで

契約対象期間: 提供開始日 ~ 2021年5月31日

つまり、提供開始日までにエントリーし、契約対象期間中に契約すると3000ptもらえるということです。

契約対象期間は、上記の”のりかえ手続きが必要な期間”に該当しますので注意してください。

先行エントリーはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドコモの新プラン”ahamo”について、プラン内容をはじめ、メリット・デメリットをまとめました。

今一度、ご自身の契約プランを見直し、ahamoをご検討してみてはいかがでしょうか。

もし前向きに考えておられるなら、先行エントリーは絶対にしておいた方がよいです。

確実にお得ですからね。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました