【アドセンス】うまく表示されないエラー・不具合のときにやるべきこと

スポンサーリンク
アドセンス関連

アドセンスの広告が表示されないけどどうしたらいいの?

何をしたらいいのか教えて!!

こういった疑問を解決いたします。

この記事を読まれているということは、アドセンス広告で何かしらの不具合が起こっていることと思います。

先日、私も広告がうまく表示されない事態に少し困りました。

当記事では、具体的な事例の解決法 というよりは、汎用的に解決法を探る方法 を解説いたします。

いかなる問題が起きたとしても、ある程度は対処できるようになります。

ぜひ最後までお付き合いください。

当記事の内容

・広告が表示されないときに行う汎用的な解決法(PC推奨)

・実体験に基づく実例

スポンサーリンク

広告が表示されないときにするべきこと

広告が表示されないとき、まずは以下の3ステップを試しましょう。

エラーコードを調べる

クライアント(ブラウザ)側で不具合が起きている場合、基本的にコンソールにエラーが表示されています。

馴染みのない方も多いと思うので、コンソールの確認方法を解説いたします。

今回はChromeを例に進めますが、どのブラウザでも基本的に操作は似ています

まず、ブラウザのデベロッパーツールを開きます。

不具合が起きているページを開き、右上の点3つ部分(アカウントアイコンの右横)をクリックし、

その他のツール => デベロッパツール をクリックしてください。

もしくは F12 or Ctrl + Shift + I を押してください。

このような画面になったかと思います。

私は念のため黒く塗りつぶしていますが、本来ならページのHTMLのコードが表示されているはずです。

この画面の Elements タグの横にある、Console タグをクリックしてください。

すると右側だけ変わり、次のようになるかと思います。

ブラウザ側で何か問題が発生していれば、赤丸の部分にエラー文や警告文が表示されます

こちらがエラー文の例です。

表示されていますでしょうか。

エラーコードでGoogle検索

エラーコードを確認したら、それをそのままGoogle検索しましょう。

上記の例だと、”Only one ‘enable_page_level_ads’ allowed per page.” で検索します。

これでおそらく解決法のページがヒットするはずです。英語のページが多いかもしれませんが…

余談

余談になりますが、この”エラーで検索する”行為は、プログラミング初学者にとってはとても大事なことです。

なぜなら、エラーを自力で解決する能力は、開発するうえで必要になるからです。

エラーが起きるたび毎回毎回他人に聞いていては、自身の解決能力は向上しません。

まずは、自力で解決しようとする。その過程でいろいろな知識が身に付きます。

一通り自分で考えてみて、それでも解決できなければ熟練者に聞きましょう。

見つけた解決法を試す

あとは、ヒットしたページの解決法を試すだけです。

基本的にこれで解決はできると思います。

私はアドセンス広告に限らず、大学・大学院でコンテンツを開発してきていますが、この方法で乗り越えてきました。

もしそれでも解決できない場合は、熟練者に質問するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

最近起きたエラー・不具合の解決法 (実体験)

かく言う私も、最近アドセンス広告がうまく表示されないエラーにぶつかりましたが、上記の方法で無事解決できました。

表示されたエラー文は、上記にも載せましたが、こちらになります。

エラー文で検索し、突き止めた原因は以下になります。

  • アドセンス自動広告のコードがページ内に2つある

自覚はありませんでしたが、いろいろ設定しているうちに2つ入れてしまっていたのでしょう。

大まかな原因を突き止めれば、あとは自身の境遇に合わせて、自由に検索して解決法を探ります。

私の場合、Site Kit by Google というプラグインが原因でした。

このプラグインは、wordpressエディタでGoogle Adsense, Analytics, Search Console の情報を確認することができるものです。

本題からずれるので細かな説明は省きますが、当プラグインのAdsense自動広告の設定を外すと、エラーは解消され、無事広告が表示されました。

もし同じような状況で、Site Kit by Googleを使用している方は今一度確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブログの運営をしていて、ページの挙動が想定通りにいっていない場合は、まずはエラーが出ているかどうかを確認しましょう。

基本的には、当記事の方法で大まかな原因を突き止めることができるかと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました