【500円玉貯金】開封後、窓口で実際に口座に入金したときの流れ

スポンサーリンク
その他

500円貯金箱を開封したけど、どうすればいいの?

窓口で何すればいいの?

こういったお悩みを解決いたします。

私は1年前くらいに実際に500円玉貯金で16万1500円貯めたことがあります。

開封後に撮った写真がこちら。

貯め方や続けるコツが見たい方は以下の記事を見ていただければと思います。

開封後にそのままにしておくわけにもいかないですよね。

おそらく誰もが口座に入金したいと思うはずです。

当記事は、私が実際に口座に入金したときの流れや窓口でのやりとりをご紹介します。

正直、自分も銀行窓口に持っていくときかなり不安だったので、当記事があなたの不安を少しでも取り除けたらいいなと思っております。

スポンサーリンク

窓口に行く前にやること

窓口に行く前には、必ず

  • 自分で合計金額を計上する

ことを忘れないようにしましょう。

窓口で処理した金額とずれがあったときに、おかしいことに気づけますからね。

合計金額を求めたら、適当な袋に入れて持っていきましょう。

袋に入れることでそのまま渡せます。

私の場合、キッチンで使うポリ袋に大量に入れて持っていきました。今思うと、透明な袋なので少し危なかったかもしれないですね。

スポンサーリンク

窓口でのやりとり

私が実際に窓口で行ったやりとりをご紹介します。銀行によって対応が異なるかもしれないので、その点はご了承ください。

①まず、500円玉を入れた袋を持って銀行支店に行きます。

②窓口の案内人みたいな方に「500円貯金を開封したので、口座に入金したい」旨を伝えます。

③すると、紙に記入を求められます。ここで、上述した「自分で計上した合計金額」も記入します

ただ、これに関しては自分で数えた人のみ記入すればよいので、ぶっちゃけ書かなくてもよいです。ですが、書くに越したことはありません。

④その後窓口に500円玉が入った袋先ほど記入した紙を提出します。

行員の方が機械で合計金額を算出してくれるんですが、3回程度行っていたと思います。ずれていたら問題ですからね。

⑤10分程度経ったら窓口に再び呼ばれますので、そこで合計金額の確認をして終了です。

特にややこしい手順もなく、とても簡単でした。

持っていくときの多少の恥ずかしさだけどうにかすれば大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

500円玉貯金を開封したのちに、口座に入金するときの流れを実体験に基づいてご紹介いたしました。

自分で金額を計上するのは忘れずに行うようにしましょう。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました